{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

悲しくてかっこいい人 / イ・ラン(著)呉永雅(翻訳)

残り1点

1,980円

送料についてはこちら

すべてが過ぎ去った後に ようやく君は泣くのかい? 日常を悲しみながら、あははと笑い飛ばすイ・ランの、ひとりごとエッセイ。 ソウルを自転車でさすらう彼女の心に近づく73篇。 作り笑顔と「いいね!」の時代を揺るがす、新しい書き手。シンガーソングライター、映像作家、コミック作家、エッセイスト。その多才さで韓国のカルチャーシーンにとどまらず、日本でも大きな存在感を放ちはじめた、イ・ラン。 2016年冬に韓国で発売し、7刷のヒット作となった『대체뭐하자는인간이지싶었다(原題:いったい何をして生きている人間かと)』待望の邦訳本! ままならない日々の葛藤や疑問。生きることにつきものの労働、人間関係、孤独、退屈、自意識との戦い……。社会との接点を通して「いったい何者なのか」と自分をみつめるイ・ラン。最高にチャーミングな彼女の洒脱なユーモア満載、珠玉のエッセイ。 【著者プロフィール】 イ・ラン(이랑 Lang Lee)  1986年ソウル生まれ。シンガーソングライター、映像作家、コミック作家、エッセイスト。 16歳で高校中退、家出、独立後、イラストレーター、漫画家として仕事を始める。その後、韓国芸術総合学校で映画の演出を専攻。日記代わりに録りためた自作曲が話題となり、歌手デビュー。 短編映画『変わらなくてはいけない』、『ゆとり』、コミック『イ・ラン4コマ漫画』、『私が30代になった』(すべて原題)、アルバム『ヨンヨンスン』、『神様ごっこ』を発表(2016年、スウィート・ドリームス・プレスより日本盤リリース)。『神様ごっこ』で、2017年の第14回韓国大衆音楽賞最優秀フォーク楽曲賞を受賞。授賞式では、スピーチの最中にトロフィーをオークションにかけ、50万ウォンで売ったことが話題となった。 出版社:リトルモア ページ数:280 判型:四六判並製 ISBN:9784898154960

セール中のアイテム