{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

江戸釣百物語 -将軍から庶民まで- / 長辻 象平 (著)

残り1点

2,002円

送料についてはこちら

***出版社解説より*** 遊びとしての釣りは江戸時代から始まった。各地に残る釣りにまつわる怪談や、浮世絵に描かれた町の人々が興じる様子、将軍の釣りの記録まで。江戸文化としての釣りを図版とともに楽しむ。 【長辻 象平 (ナガツジ ショウヘイ)】 1948年、鹿児島県出身。科学ジャーナリスト、産経新聞論説委員。京都大学農学部卒業。著書に『釣魚をめぐる博物誌』『江戸釣魚大全』『江戸の釣り』。時代小説に『みずすまし』『あめんぼう』『闇の釣人』など。 出版社:河出書房新社 単行本 46変形 ページ:208ページ ISBN:978-4-309-03010-4 発売日:2021.11.26

セール中のアイテム