{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

Iwamura Ryuta / Tuning to Hear(Cassette Tape)

残り2点

2,200円

送料についてはこちら

2020年にリリースした『Raining to Hear』のスピンオフとも言えるこの作品は、短波ラジオを「ノイズ発生装置」として使用。さざなみのようなチューニングノイズにピアノ重ね、様々な街角の小さなドラマを淡々と描き出していくような作品です。 *** Tuning to Hear 。 音楽とマッチングする周波数を探る彼の行為は、 ラジオとは別のもうひとつの回路、 彼の心の奥の内なる回路とコンタクトを取り、 精神の均衡を保つための作業のようにも思われる。 「雨音を背景に音楽を聴き取る。 そしてまた、音楽を背景に雨音を聴き取る」 をモチーフに制作し2020年にリリースした 作品" Raining to Hear "。 その" Raining to Hear " のスピンオフとも 言える作品が" Tuning to Hear " です。 ピアノの音楽にレイヤードされている 雨音のような、さざ波のようなノイズは、 短波ラジオのチューニングノイズです。 Iwamura Ryuta は、この作品で短波ラジオを 「ノイズ発生装置」として使用しています。 フィジカルリリースはカセットテープのみ。 ラジカセから聴こえるチューニングノイズに 耳を澄ますという、リスナーの奥ゆかしくも エキセントリックな行為を通して、 この作品は完結します。 ラジオの選局ダイヤルをランダムに回して 生まれる様々なバリエーションのチューニングノイズ。 ノイズは各周波数固有のものではなく、 再現可能なものではありません。 降雨や降雪、風などの気象条件、 時間帯、アンテナの方向、室内の雑音源、 身体とラジオの距離など、複雑な条件が相まって、 偶然に発生する" 音色" と 言ってもいいかもしれません。 (fete musiqueサイトより) 【Track List】 [Side : A] 1. Tuning to Hear / WAVE ? 2. Tuning to Hear / WAVE ? 3. Tuning to Hear / WAVE ? [Side : B] 1. Tuning to Hear / WAVE ? 2. Tuning to Hear / WAVE ? 3. Tuning to Hear / WAVE ? アートワーク:Noritake マスタリング:Tanabe Gen (Studio Camel House) レーベル:fete musique 規格番号:BRISE-06 / FETE-010 フォーマット:Cassette Tape(DLコード付き)

セール中のアイテム