{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

Starving Weirdos / Atheistaregods(LP)

残り1点

5,180円

送料についてはこちら

カリフォルニア州フンボルト郡を拠点とするデュオによる、ダークで不穏なExperimental Music。加工されたヴォイス、電子音、トライバルなパーカッション、インダストリアルな数々のエレメントはごった煮のままダブ処理され、密教音楽のような恍惚感漂うダークミュージックとしてパッケージングされています。 *** (Bandcampより抜粋/和訳) ブライアン・パイルとメリック・マッキンレイによるカリフォルニア州フンボルト郡を拠点とする神話的デュオが、「Land Lines」のリリースから10年以上を経て、「Atheistsaregods」で突如として再登場した。 "Haiku Nagasaki "のエコーするパーカッション、不協和音の鍵盤、加工されたヴォーカルから始まる "Atheistsaregods "は、"Invocation "の初期クラスターのような陰鬱なエレクトロニック・モチーフから、適切なタイトルの "Barulho do Samba "のじめじめしたパーカッシブな迷路へと、サイケデリックな高揚の連続を描き出す。 セルフ・タイトルのこの曲は、幻覚的な声の断片、宙吊りのシンセ・トーン、残響するフィールド・レコーディングによって、黙示録的な眩暈の感覚を引き起こし、「Dudukahar(葦の祈り)」のドローン的な神秘主義へとつながっていく。 一巡して「For Vinny」では、催眠術のようなチェロ・ラインの中、響くパーカッションが未知の世界へと漂っていく。スターヴィング・ウィアードスは、相変わらずの緊迫感をもって、生命力を感じさせる。そして、たとえ気づかなかったとしても、私たちは彼らを必要としていたのだ。 レーベル:Discrepant 規格番号:CREP94 フォーマット:LP

セール中のアイテム