{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

コムニスムス / 西島大介(サイン入り特装版)

3,080円

送料についてはこちら

ベトナム戦争を描いた『ディエンビエンフー』の正当続編が特装版で登場。「コムニスムス」はドイツ語で共産主義を意味し、カンボジア共産革命勢力「クメール・ルージュ」が台頭し、謎の指導者・オンカーが国民を支配していたポル・ポト時代の4年間が描かれる。主人公はベトナム人の幼女・プティ。カンボジアのジャングルの中で日本からやってきた14歳の自称戦場カメラマン・ヒカルと出会い、血が繋がらないながらも親子としてたくましく生きていく。 **以下、版元より** 1975年、カンボジア。 共産主義(コムニスムス)と資本主義(カピタリスムス)。 二人はまだお互いを知らない。 1975年3月──。14歳で単身インドシナに飛んだ自称・戦場カメラマン「ヒカル」は、共産主義革命勢力「クメール・ルージュ」が蠢くカンボジアで、最強の二歳児「プティ」の父親(ちゃん)になった。ベトナム戦争終結後のカンボジア、ポル・ポト政権時代を背景に描く新たなる大長編。共産主義(ルビ:コムニスムス)は、所有を解体する滅びの思想か? 自由と革命の哲学か? ・通常版カバー+特装版カバー ・著者サイン入り ・付録:『コムニスムス』発売記念 神ペーパー vol.1 発行:rn press サイズ:B6 ページ:800P ISBN:978-4-910422-13-8

セール中のアイテム