{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

Les Rallizes Dénudés (裸のラリーズ) / CITTA’’93 (3LP)

残り2点

9,020円

送料についてはこちら

1991年にオリジナル・アルバム3タイトルをリリースした裸のラリーズは、1993年にはライヴ活動を再開、1988年以来久々にその姿をファンの前へ現した。2月13日のバウスシアターでの復帰ライヴに続き、4日後の17日に開催されたCLUB CITTA’における演奏は、ラリーズ史上特筆すべきパフォーマンスのひとつとなり今なお伝説的に語り継がれている。過去に鳴らしてきた大音量をさらに凌駕する凄まじいヴォリュームのギターは、会場の扉を揺り動かし、ロビーに避難する観客が出るほどだったという。 オーディエンスの全感覚を震わせる驚異のパフォーマンスを見せた同公演は、その全貌が8チャンネルのデジタルレコーダーによって記録されていた。本作では、30年近く密かに保管されていたマルチトラック音源をベースに、会場での録音音源も加えて再構築した久保田麻琴の入魂のミキシングにより、あの夜に鳴り響いた「轟音を超える何か」をアルバム作品として再現。これまで聴かれることのなかったラリーズ・サウンドを体感することができる。 当日のメンバーは水谷孝(Vo,G)、石井勝彦(G)、高橋耀櫂(B)、野間幸道(Dr)。ジャケットのアートワークには、中藤毅彦が撮影した写真をフィーチャー。松山晋也によるライナーノーツ付き。 TBV-0046 format:LP label: < FACE A > 1. 夜、暗殺者の夜 / The Night, Assassin's Night 2. 記憶は遠い / Memory is Far Away < FACE B > 1. 夜より深く / Deeper Than the Night 2. 永遠に今が / Eternally Now < FACE C > 1. 白い目覚め_1993 / White Awakening_1993 2. 鳥の声 / Bird Calls in the Dusk < FACE D > 1. Darkness Returns 2 < FACE E > 1. The Last One_1993(Part 1) < FACE F > 1. The Last One_1993(Part 2)

セール中のアイテム